こつこつ暮らす・・・再び

家にいるのが好きです。

大学病院卒業  



術後10年が経ち、最後の検査をクリアして

昨日、大学病院を卒業しました。

DSCF9946.jpg

42歳の4月に乳がんの告知を受けました。

早期とは言えない状態。

悪性度の高いタイプのガン。

子供達は小学生、ウー君は4歳。

何度も泣いたなぁ・・・。

10年経って、私の役目もずいぶん終わった。

もう誰かのために頑張らなくても大丈夫。

DSCF9947.jpg

これからはもっと自分と向き合って、ゆっくり生きよう。

美しい桜をみる事ができているのだから。









見に来て下さってありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

category: 日々

tb: --   cm: 10

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2018/04/01 14:35 | edit

ご無沙汰しています。

ブログは、毎日見ていますよ~。
この10年、きっと本人にしか分からないことが
色々あったと思います。
卒業・・・新しい気持ちで・・・ね(^^

今日から新年度。
私も気持ちを新しく、毎日を大切に~です。

ちはる。 #- | URL
2018/04/01 15:48 | edit

こなさん、

卒業おめでとうございます㊗️
長かったですね。
きっと、いろんな思いの詰まった10年だったことでしょう。

これからもますます元気で毎日楽しく過ごして下さい。
ひとつ、肩の荷をおろしてその分笑顔が増えますように。

ぐうみん #NRTAA2aQ | URL
2018/04/01 19:46 | edit

卒業、本当に良かったです。私には想像も出来ないくらい辛く苦しい日々を過ごされてきたと思います。頑張ってきた自分を褒めてあげてください。
こうして今こなさんのブログを楽しみに拝見できている事、感謝です。
気の利いた言葉がみつからず、相変わらずでお恥ずかしいです。

ぷちくま #- | URL
2018/04/02 18:41 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2018/04/03 00:50 | edit

鍵コメAさんへ

Aさん、お返事が遅くなり本当にごめなさい。

桜の花も葉桜になりつつあります。
蕾から満開になる姿も好きですが、散る姿もとても好きです。
桜の散る時期、忘れられない思い出があるんですが
ウー君と桜の中を散歩していた時、私達の前を70代と思われる
男性が歩いていたんですが、風が吹き桜の花びらが舞い落ちてきたんです。
それはそれは息をのむほど美しい光景で・・・
その時その男性が「美しいですね」と声をかけて下さって
私も「本当に・・・」と、一緒に桜の花の姿を見ていたんですが
男性が「あっ、すみません。あまりに美しい光景で、思わず声をかけて
しまいました」と恐縮したように言われたんですが
私は声をかけていただき、その時間を共有できた事をとても
嬉しく思っていました。
声をかけて下さった道で桜の散るのを見ると、あの時の何とも
いえない温かい時間を思い出して心がホンワカします。
今年もあの方がどこかで美しい桜を眺めていてくださると
いいなぁって思います。

桜にはそんな美しい思い出もあるのですが、病気の疑いから
告知を受けた季節も桜の時期で・・・。
あの年の桜は覚えていません。
次の年の桜を生きて見れた時は本当に涙がこぼれました。
同病の方で旅立たれた方も何人もいます。
どの方もまだまだ人生を楽しめるお年でしたし
同じ子育て世代の方もいます。
自分の命の限りを受けとめなければいけない時
どれだけ苦しまれた事だろうと思います。
生きて桜を見る事ができる・・・それだけで本当に
幸せな事だと、旅立たれた方達を想う度思います。

桜の季節になると、私は生かされたこの命を大切にしてるだろうか?と
考えるのですが、ここ数年は何だか酷いですね。
悩んでばっかりで、暗い顔してる事が多いです。
もっと人生楽しまなくてはもったいないですよね。

Aさんの仰る通り、ワンコは毎日が一生懸命。
明日の事を心配したりクヨクヨしたりしませんよね。
その日、その時を精一杯生きています。
私も毎日を楽しまないといけないですね。
肩の力を抜く事も大切だとも思います。

ゆっくりゆったり心穏やかに過ごしたいと思います。
いつも本当にありがとうございます。

こな #- | URL
2018/04/06 08:19 | edit

ちはるさんへ

ちはるさん、お返事遅くなって本当にごめんなさい。

ブログ、毎日見に来て下さってるんですね。
凄く、凄く嬉しいです。
なにより励みになる言葉です。
本当にありがとうございます。

告知の時には、10年後の卒業の日など考えもできませんでした。
子供の成長も見る事はできないかもしれない。
ウー君の犬生もみてあげられないかもしれない。
全ての事が悲しくて辛くて泣けて泣けて・・・。
あの頃の私に「大丈夫だから」と声をかけてあげられたら
どんなにいいだろうと思います。

卒業は新たなスタートですね。
以前から見つけたいと思ってる「夢中になれる楽しみ」は
いまだに見つからないけど、でもゆっくり気負わず
いつかそれが見つかるといいなぁ~ぐらいで
暮らしていければと思います。
そんなゆったりとしたスタートでいいのではないかな?
なんてね。

私も毎日を愛おしく大切に暮らしていきたいと思います。

いつもありがとうございます(^^)

こな #- | URL
2018/04/07 11:41 | edit

ぐうみんさんへ

ぐうみんさん、コメントのお返事遅くなって本当にごめんなさい。

卒業の日は何だかとっても不思議な気持ちでした。
「もうここに来なくていいの?」って。
呼び出し受信機のメロディがキラキラ星で
キラキラ星が流れると、全身の血が止まるぐらい緊張して
診察室の扉を開け、先生とお話をしてたので
キラキラ星のメロディが大嫌いになりました。
10年間聞き続けてきたので、もう二度と聞かなくても
いいかなぁ。

いま少しずつ卒業の実感がわいてきて
10年の色々を思い出すと、私なりに本当に
凄く頑張った10年だったなぁって思います。
だからこれからは少し肩の力を抜いて
自分の時間も自分の気持ちも大切にしていきたいです。

ぐうみんさん、いつも本当にありがとうございます。


こな #- | URL
2018/04/07 11:58 | edit

ぷちくまさんへ

ぷちくまさん、お返事遅くなって本当にごめんなさい。

10年という月日生きている事ができたからこそ
子供の成長を見守る事ができ、ウー君の犬生に最後まで
寄り添う事ができました。
本当にありがたい事だと思いますし、病気と闘った自分の事は
たくさん褒めてあげないといけないですね。
そして、私を見守り励まして下さった方々にも感謝しなければ
いけないと思っています。

今はもう旅立ってしまわれた同病の方々には、今も忘れられない
言葉をいただきましたし、生きる姿勢を見せていただきました。
最近、落ち込みがちな私でしたが、卒業を迎え改めて
これからの自分の生き方を少し見つめなおしてみたいと思います。
とは言っても、気合を入れて生きるという感じではなく
これからは力を抜いて、もっと自分の心に寄り添って
ゆっくり生きていきたいなぁって思ってます。

ぷちくまさんにブログを楽しみに見にきていただいてると
言っていただけて、何よりの励みになります!
私こそ本当にこの出会いに感謝ですよ。

いつも温かく優しい言葉を本当にありがとうございます(^^)

こな #- | URL
2018/04/07 15:36 | edit

鍵コメKさんへ

Kさん、コメントのお返事遅くなって本当にごめんなさい。

10年前は子供の成長を見守るために辛い治療も本当に
頑張りました。
それなのに、上の子の私への反発・・・
「私はいない方が良かったのだろうか」と思った事も
一度や二度じゃありません。

いまKさんが落ち込んでしまう気持ち、とってもよくわかりますよ。
長女ちゃんの事に真正面から向き合って、親として真剣に
考えて頑張ってるからこその辛さだと思います。
もう何年かしたら長女ちゃんもKさんの気持ちわかってくれます!
うちもそうでしたから。
あんなに酷かったのに、いまでは一緒に出かけたがったり
ライブに誘ってくれたり(しかもチケット代まで払ってあげるからと・・・)
私に対して、自分の態度があんまりだったなぁ~って気持ちがあるみたいです。

大人もそうですが、失ってみなければわからない事だったり
時が経たなければ気づかない事って、たくさんありますものね。
長女ちゃんも、そしてKさんも時間を経てまたお互いの絆が
深くなるのだと思いますよ。

ピアノ、いいですね~。
(うちの長女もアパートで、ヘッドホンしてキーボードタイプの弾いてるみたいです)
私も家で寝ているクラリネットとフルートでも子供達に教えてもらって
練習してみようかしら?と思ったんですが、先日長女が帰ってきた時に
クラリネット吹いたらのびちゃんがギャン吠えで無理だという事が
わかりました(^^;

私もKさんのように自分が楽しめる時間を見つけたいって
思います。
焦らずに・・・。

いつも本当にありがとうございます。
こちらこそKさんにいつも励まされ元気をいただいてます(^^)

こな #- | URL
2018/04/09 13:10 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

counter