こつこつ暮らす・・・再び

家にいるのが好きです。

衝撃を受けた事  



昨夜からの雨・・・。

寒いぐらいです。

DSCF8491.jpg

Nちゃんのサークル、時々広くしてストレス解消してますが

大好きなベランダにも出れず、ただただ寂しそうです。


タイトルの「衝撃を受けた事」ですが

Nちゃんの主治医がレントゲンを診て

「もう治癒してますが、右後ろ足、人間で言うとかかとの部分に

 骨折した痕が診られます」との事。

右と左の骨を見比べると確かに違う。

私にはそれが骨折の痕なのかどうかはわからないけど

先生が言うならそうなんだと思う。

2ヶ月は経っている状態だそうですが、2ヶ月前といえば

もう我が家に来てる頃。

片足をあげたり、引きずったりすればすぐにわかるはずだけど

そんな事は全くなかった。

もしかしたら、ブリーダーさんの所にいた時?

Nちゃんがもし骨折した事があるのなら、場所は違うけど

今回が右後ろ足2回目の骨折??

まだ6ヶ月にもなってないのに、あんまりだ・・・。

もう二度とこんな目に遭わせないように丈夫な骨になるように

育てなくては!!









スポンサーサイト

category: ワンコ 骨折~完治まで

tb: --   cm: 4

コメント

Nちゃん 遊びたい盛りなのにじっとしてるのは大変ですね
でも手術で治るから大丈夫!あまりご自分を責めないでくださいね

こなさんが無事に10年の検査をパスしますように(#^^#)
お互いストレスをためないように、ゆる~く頑張りましょう

こぶー #- | URL
2017/09/02 20:44 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2017/09/03 07:52 | edit

こぶーさんへ

ごぶーさん、ありがとうございます。

Nちゃんが遊びたくてヒュンヒュン鳴くのを聞くと切なくなって
「あの時・・・」と思う後悔がよみがえってきますが
後悔しても時は戻らないんですものね。
時間がかかっても、また元気に走り回れるように
家族皆で見守りたいと思います。
これからは、ちょっとやそっとの事じゃ骨折しない
丈夫な体つくりもしてかなくてはいけないですしね。

10年・・・。
先生に「10年、何事もなく凄いです」と言われました。
リンパ節転移あり、トリプルネガティブだったので
かなり再発転移のリスクは大きかったと思います。
運が良かったのでしょうね。
せっかく運よく生き延びる事ができたのですから
頑張らないといけないですね(^^)

こな #- | URL
2017/09/03 14:23 | edit

鍵コメAさんへ

Aさん、こちらも朝晩は涼しくワンコにとったら
散歩にもってこいの気温になりました。
今日は爽やかなお天気なので、今回の事がなければ
どこか遊びに連れて行ってただろうと思います。
切なそうに外を見るNちゃんを見るたび胸がしめつめられます。

「大丈夫」という言葉、私もとっても好きです!
子供達が幼い頃、私の「大丈夫」という言葉にとても安心したようで
不安そうな時、よく抱きしめて「大丈夫、大丈夫」と背中をとんとん
してました。
そうすると「ママに大丈夫って言われると凄くホッとする」って。
言霊という言葉もありますものね。
「大丈夫、大丈夫」と自分に言い聞かせ、そしてNちゃんも
不安がらせないように笑顔で、明日は手術室に送り出そうと思います。
私も明日はAさんやコメントを下さる皆さんの「大丈夫」の言葉を
胸に頑張りますね。

Nちゃんの一度目の骨折の事は本当にショックで
我が家に来るまでこの子はどんな生活を送っていたのだろう・・・と
考えてしまいます。
そして我が家に来てからは病院通いばかりで、そして骨折して。
「辛い事ばっかりでごめんね」って気持ちでいっぱいです。
でもいつか・・・いつか必ず「小さい頃は心配事ばっかりだったけど
元気になったね~」と言えるように、元気に育ててあげたい。
Nちゃんの犬生はまだまだこれから。
「この家の子になって良かった、幸せだ!!」って思ってもらえるように
大切に可愛がってあげたいです。

こな #- | URL
2017/09/03 14:41 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

counter