こつこつ暮らす… 再び

家にいるのが好きです。

行って良かった。  



Nちゃんのセカンド行ってきました。

今日行った病院は、ごんちゃんが最期の時にお世話になった病院。

久しぶりの処置室は15年前を思い出して胸が苦しくなりました。

ごんちゃんがもう間もなくこの世を去る時が来ていると

言われた場所で、Nちゃんはこれから元気に生きるための

検査をして、説明を受けて・・・。

凄くせつない気持ちなんだけど「頑張らなければ!」と

強く思う気持ちも生まれました。


検査の結果としては、頻尿の原因は膀胱炎ではありませんでした。

レントゲンの結果、腰の骨に微妙ながら変形している箇所があり

それが何らかの影響を与えている可能性があるとの事。

なので、神経からきていると考え投薬を開始する事になりました。

それから便の方も、抗生剤では死なない菌がいるとの事。

成犬ならばステロイド剤を使うそうなんですが、仔犬なので

ステロイド剤は使いません。

ステロイド剤以外の薬で、その菌を完全に除去する事は

できないそうなんですが、無理せず段階を追って

治療していきましょうとお話されました。


丁寧に診て下さり、丁寧に説明して下さいました。

心配していた事は全て聞いて、今は不安よりも

ようやく光が見えてきたような気がしています。


予約しても2時間待ち。

検査、診察、説明で2時間。

でも、やっぱり思い切って行って良かったです。

今度こそ、元気になります!!

DSCF7955.jpg

 「きょうは、ちかれたでち・・・」






スポンサーサイト

category: 日々

tb: --   cm: 6

コメント

本当の原因とこれからの対処法が決まり、こなさんも本当にほっとされた気持ちが大きいと思います。これからも大変なこともあると思いますが、今日はこなさんもNちゃんもゆっくり休んで頂きたいと思います。
Nちゃん頑張って偉かったですね!(^^)!。

ぷちくま #- | URL
2017/07/07 16:43 | edit

こなさん、通院でお疲れなのにブログを更新してくださって、ありがとうございます。
Nちゃんの血尿・血便の原因が分かり治療方針も定まった事で、原因不明の不安は少し解消されて良かったですね。
小さい身体で頑張っているNちゃんに「早く元気にな~れ!」と、念を送ります。

ぷちち #- | URL
2017/07/07 18:05 | edit

ぷちくまさんへ

ぷちくまさん、色々ご心配いただきありがとうございます。
今回の先生の診断がドンピシャリであれば、わりと早くから
お薬が効いて頻尿は改善するそうです。
もし効かなければ、また違う原因を考えなければなりません。
でも、先生の動物に対する愛情や病気の原因を時間をかけて
じっくり探る姿を見ていると
「この先生についていこう」と思えました。
信頼できる!と思えただけで、私の気持ちも凄く
前向きになれたので、昨日は凄く疲れましたが
元気に過ごす事ができました(^^)

まだ4ヶ月なのに、色々な検査をして
本当にかわいそうなんですが、どの検査も頑張ってて
偉かったんですよ~。

まだまだ通院は続きますが、親子で頑張りますね(^^)v

こな #- | URL
2017/07/08 05:34 | edit

ぷちちさんへ

ぷちちさん、ご心配いただきありがとうございます。

昨日は疲れましたが、ようやく「この先生についていこう」と
思える先生に出会えた喜びと興奮もあって、元気に過ごす事が
できました。
検査の結果、今まで不安だった事が解消され、それはまた
新たな心配が生れる事ではあったんですが、すごく納得できたし
前向きな気持ちにもなれました。

我が家に来てからずっとずっと病院続きで、Nちゃんには
本当に可哀想なんですが、できるだけ前向きに
「Nちゃん、うちに来て良かったね。うちに来たからには
 もう大丈夫!絶対に治してあげる!!」って思ってます。

小さい身体で一生懸命頑張ってます。
皆さんからのエールも届くと思います(^^)

こな #- | URL
2017/07/08 05:46 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2017/07/08 08:54 | edit

鍵コメAさんへ

Aさん、いつも気にかけて下さってありがとうございます。

ブリーダーさんの所から我が家に来てからずっと気になって
そして心配して、不安だった事に、ようやく光が見えて
きたような気持ちです。
病院選びも、選択肢があれば迷いますね。
(なければないで、それも困るのですが・・・)
病気を治したり、出来るだけ苦しみを救ってくれたりは
もちろんの事、飼い主の気持ちに寄り添ってくれる事も
とても大切な事だと思います。
Aさんが通われている病院の先生の言葉、辛い思いをしている
ワンコを連れて行かれたAさんにとってどれだけ嬉しい言葉だったでしょう・・・。
そして今、また柴ワンコちゃんを連れて通院されて
先代ワンちゃんの事を思い出し辛くなるお気持ち、本当によくわかります。
私も15年経ってもあの頃の事を思い出し、胸が苦しくなりますから。
でもようやく「この先生についていこう」と思える先生に出会えました。
ごんちゃん、ウー君が導いてくれたのだと思います。
Nちゃん、きっときっと良くなると思います(^^)

そしてAさんが仰るように、Nちゃんが我が家に来たのは
やっぱり運命だったんだと思います。
あの日、本当に急に何かに突き動かされるようにNちゃんに会いに行って
あの時は「この仔が運命の子?」ってわかりませんでしたが
今はNちゃんが我が家に来てくれた事を心から感謝しています。
そして病気を治してあげられる事も、心から良かったと思えるんです。
あのままブリーダーさんの所で、病気も放置されたままだったらと
思うと・・・、考えただけで可哀想で涙がこぼれます。
だから、家族皆でNちゃんに出会えた事を幸せに思ってるし
家族になれた事が嬉しいんです。

幸い、病気とは思えないぐらい元気いっぱいで
近所の人にも可愛がってもらったり、先輩ワンちゃん達には
「ウザイ」と嫌がられ(笑)
家族には甘噛み大魔王になってます。
でも寄り添って寝てくれるのがたまならく可愛いんですよね♡

今日は家族で川のある所に遊びに行こうと思ってるんですよ。
ウー君は川遊びが大好きでしたが、Nちゃんはどうでしょう・・・。
楽しみです(^^)

こな #- | URL
2017/07/09 05:55 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

counter