こつこつ暮らす

家にいるのが好きです。

ウー君を応援して下さった皆さん、ありがとうございました。  



1月24日、14歳1ヶ月でウー君は旅立ちました。


私達家族はウー君が家族になってくれた日から

嬉しくて、楽しくて・・・

でもヤンチャなウー君に呆れたり怒ったり心配もしたりして

ドタバタ喜劇のような日々をすごしました。

uuu_20170127080226d7a.jpg

昨日は家族でウー君の写真を見返して、笑ったり泣いたり・・・。

009_20170127085437a70.jpg

053_201701270854399e5.jpg

2004 5月 018

どの時を思い出しても、幸せで楽しくて

こんなに幸せな14年間を過せたこと、ウー君には

「私たちの家族になってくれて、本当にありがとう」と

感謝の気持ちでいっぱいです。


亡くなる1週間前まで、私とふつうに散歩をしてました。

DSCF7215_20170127080937d97.jpg

心臓の事を考えて、カートに乗せて移動はしてましたが

平坦な道ではテケテケ歩き

休憩する私の事を「早く行くぞ!」と言わんばかりに見て

DSCF7221_20170127080938e58.jpg

大好きな枯葉の道を楽しそうに歩いていました。


1週間前までこんなに元気でいてくれたのにと思うと

あまりに急な旅立ちで

少し体調が悪い?と思った時にどうしてもっと

「これは絶対におかしい」と思えなかったんだろうかと

「あの時どうして」と思う事、「あの時もっとこうしていれば」と

後悔する事がたくさんたくさんあります。

でもずっと一緒に散歩を楽しみ、ご飯も旅立つ数日前までは食べ

入院したのは2日間だけだったというのは

ウー君にとっては、良かったのかもしれないと

いまは一生懸命そう思うようにしています。

DSCF6950.jpg

私達の大切な大切なウー君は旅立ってしまいましたが

心はいつまでも一緒です。

今までも、これからも、ずっとずっと愛しています。


ありがとう、ありがとう、ありがとうウー君。

また会おうね。







*たくさんのコメントを本当にありがとうございます。
  皆さんの応援、祈りの言葉にどれだけ励まされたか。
  そしてPCの前で、心の中で応援して下さった方々も
  本当にありがとうございました。
  みなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。
  コメントのお返事、おひとりおひとりにしたいので
  もう少し時間をくださいね。
スポンサーサイト

category: ワンコ

tb: --   cm: 17

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2017/01/27 12:27 | edit

こなさん、

ブログを更新してくださりありがとうございました。
私の犬も13歳で旅立ちました。

前日までご飯を食べていましたよ。

今思い出す事は幸せだった事。
楽しい思い出しかありません。

時間がかかると思いますがうー君はきっといつもこなさんのそばにいると思いますので心のままに無理をなさらず、辛い時はブログで吐き出してもいいと思いますよ。

うー君の写真毎回嬉しく見させていただきました。

ありがとうございます。

ぐうみん #NRTAA2aQ | URL
2017/01/27 12:39 | edit

こなさん
寂しくなりましたね
これからも、ウー君はお空の上からこなさん家族を
見守ってますよ
きっと元気な身体になって
こなさんの作る、お菓子やパンを楽しみにしていると思います

お悲しみのなかどうか、お身体を大切にしてください
ウー君のご冥福をお祈り申し上げます

せつ #- | URL
2017/01/27 13:29 | edit

こなさんのウー君に対する愛情はブログを通して私にも十分に伝わってました。
ウー君はこなさんの愛情をたくさん受けて、
長く入院するより、ぎりぎりまで こなさんとご家族の皆さんのやさしさに
包まれて 幸せだったとおもいます。

ウー君、たまにとぼけた姿でほっこりさせてくれてありがとう
こなさん、眠れてますか ご自愛くださいね

こぶー #- | URL
2017/01/27 14:22 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2017/01/27 15:51 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2017/01/27 16:49 | edit

ウー君…天国へ旅だったんですね。
こなさんのブログを 拝見した時 娘2人のママ、専業主婦で日々節約に奮闘、 おうちが大好き…私と似てるなぁと勝手に親近感を覚えてました。
いつしか こなさんのブログを読むことが 日課になり ウー君の写真や様子がアップされる度に 「かわいい!」「今日も元気にお散歩できてよかった~」と すっかりウー君のファンになっていました。
ウー君が 具合が悪いと知ってからは 近所の神社でお祈りしたり… 私なりにウー君が元気になるように願っていましたが とても残念です。
こなさんやご家族の悲しみを想うと 言葉も出てこないのですが きっとウー君は こなさん達に愛されてとっても幸せなワンちゃんだったと思います。
寒い日が続きますが こなさんもお身体大切になさって下さいね。
ウー君 安らかにお休み下さい。

ひだまりん #- | URL
2017/01/27 19:05 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2017/01/27 22:03 | edit

こなさん、こんばんは。

大丈夫ですか・・・

ウー君、こなさんに見守られて、きっと「ありがとう」って
言っていると思いますよ、ウー君にはこなさんの愛がいっぱい
いっぱい伝わっていましたよ。

ウー君の生い立ち・・可愛い・・・・
ウー君はずっとずっとこなさんの心の中で生き続けていると
思います。

しおりんとママ #- | URL
2017/01/27 22:15 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2017/01/27 22:18 | edit

一昨日コメントさせて頂いたはなです。
ウー君、天国へ旅立ってしまったのですね。
我が家の犬も昨年一月に二匹旅立ち、
一匹は17歳、
もう一匹はうー君と同じ14歳でした。

大往生やん!と多くの方がおっしゃいますが
どれだけやっても、寂しさ、虚しさ、悲しさが襲ってきます。

うー君の本当に大事にされている様子を見るたび
いつもキュンとなっておりました。

私はというと、
一年経っても、亡くなった愛犬が、
キッチンに立つと足元に何か野菜くずがないか、
おこぼれがないかいるような気がしてなりません。

この世に生を受けたものはその時点から死に向かっており
別れの日を刻んでいく・・・
愛おしい愛犬は、自分こそが永遠の母親ですが
哀しいことに、犬の寿命は短く
母親の私たちはその子供の旅立ちを見守らなければなりません。

こなさんのまた会おうね、ほんとその通りだと涙がでます。
私たちもまたそう遠くない先、天国にいきます。
その時会える、
また生まれ変わって
うー君は人間で、お互い違う関係で会えるかもしれませんね。

お辛いですね。
車の運転などぼーっとなったりしないよう気をつけて下さいね。

寂しいですが少しづつ、
哀しみに慣れていかれることを願います。(お互いに(^_-)-☆)

はな #JalddpaA | URL
2017/01/28 20:54 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2017/01/31 00:20 | edit

せつさんへ

せつさん、寂しくなりました。

ウー君の味見のできるパンやお菓子を作った時は
かならず一緒に食べていたので、思い出すのが辛くて
ずっと作れませんでした。

少しずつ、少しずつまた元の生活に戻らなくてはと思って
今日は頑張ってパンを焼こうと思います。
食いしん坊のウー君がそっと来てくれるといいのですが・・・。

あたたかいコメントをありがとうございました。

こな #- | URL
2017/02/06 09:36 | edit

こぶーさんへ

こぶーさん、いつも優しいコメントをありがとうございます。

旅立つ1週間前の散歩の様子を、いつもは動画を撮らない私が
たまたま撮っていて、枯葉のカサカサを楽しんでいたり
風を心地よさそうに感じていたり・・・
その様子を見ていると「ウー君はウー君らしいまま旅立ったなぁ」って
思えるんです。
長く入院するのは人間だって嫌ですものね。

今はまだ寂しくてホロリと涙がこぼれますが
最後まで一生懸命頑張ってくれたウー君に感謝しながら
少しずつ以前の生活に戻すよう努力しています。

あっ、そうそう
図書館に予約していた「アンと青春」の順番がまわってきました。
読む気にならない・・・と思っていたのですが
こんな時に順番がまわってきたのも、何かしら意味があっての事かと
昨日から読み始めました。
こぶーさんはもう読み終わったかしら・・・。

こな #- | URL
2017/02/06 15:09 | edit

鍵コメNさんへ

Nさんの優しいコメントを読んだ時、泣けて泣けて。
ウー君に代わっての「ありがと」の言葉、本当に
ありがとうございます。

ワンコにとっては入院は、人間のように「病気を治すため」と
理解しているわけじゃないですものね。
「なんでこんな所に?」「どうして一緒に帰れないの?」と
酸素室の中で、辛く寂しかったと思います。

体調が悪くなってからの数日は後悔もたくさんありますが
色々な事がウー君にとって一番良い方向に動いたのだと思いたいです。
2日間の入院も・・・。

今は空の上で沢山のお友達と元気に楽しく走りまわっていますね。
いつかまた会える日まで。

こな #- | URL
2017/02/06 15:40 | edit

ひだまりんさんへ

ひだまりんさん、ウー君の回復を祈って下さって本当にありがとうございます。

普通の主婦のブログの中のひとこまにウー君の登場があり
そのウー君の事が心にとまって「かわいい」と思って下さって
応援して下さる方がいる事は、何より嬉しい事でした。

皆さんが祈ってくださったからこそ、最後にウー君に会えた時は
酸素室の中ではありましたが、撫でたり、ほっぺにチューができたのだと
思います。
私も、学校を休んで会いに行った下の子も、ウー君に触れて
励ますことができた事、心から喜びました。
そして笑顔で「また後でね」とその場を離れたのです。

ウー君と暮らした14年間は私達家族にとっても
とても幸せな時間でした。
ウー君も「オレも幸せだった」と言ってくれてると嬉しいです。

ご近所の神社にもお祈りして下さった事、本当に感謝です。
ありがとうございました。

こな #- | URL
2017/02/07 08:24 | edit

しおりんとママさんへ

しおりんとママさん、ありがとうございます、大丈夫です。

ウー君との14年は本当に色々ありました。
ヤンチャでヤンチャで毎日噛まれて流血。
言う事なんて全く聞かないし、犬育てで本気で悩みました。
寿命が縮まるような事も何度もしてくれましたし・・・。
でも本当に楽しかった~
心から「幸せ」でした。
ウー君には私達家族の方がいっぱい「ありがとう」です。

柴ワンちゃんは元気ですか?
ワンコとの暮らしは大変な事も沢山ありますが
それ以上に幸せを感じる事の方が多いと思います。
それは月日を重ねれば重ねるほど・・・。
ワンライフ、楽しんでくださいね。

こな #- | URL
2017/02/07 12:28 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

counter