こつこつ暮らす

家にいるのが好きです。

実家へ  



病院に行った次の日から、春休みに入った下の子と

実家へ帰省していました。

前回、帰省を計画した時には色々あって

結局帰らない事にしましたが、今回は平日の帰省なので

兄に会う事はないのがわかっていたから

安心して帰る事ができました。

母とは兄の事で話をする事はありませんでしたが

私の気持ちを半分ぐらいはわかってる??

って感じでしょうか。

1年ぶりの帰省なので、嫌な話をしても・・・と思い

兄の話はしませんでしたが。


80歳になった母は、今まで以上に色々な事に無気力な状態で

あれも嫌、これも嫌と、日々のほとんどの事が「嫌」な事のようです。

週に2回、デイサービスに行ってるのですが

まずそのデイサービスに行くのが疲れるから嫌。

デイサービスで工作を作ったり、絵を描くのがヘタだから嫌。

皆でお風呂に入るのが嫌。

まぁ、電話でも嫌だとしょっちゅう言ってる事なんですが・・・。


でも、話を聞くと仲良く話ができる人達もいるし

作ってきた物を見せてもらっても、ヘタではない。

話を聞いてると、嫌だと言いながらも人と接する事で

色々な気持ちを共有しながら楽しんでいる様子もあるんです。

だから、私も下の子も母が言うほど「嫌」って言うような所には思えない。

「嫌だ」と思う気持ちも「疲れる」というのも

わからないではないんですけどね。


近所の人にもよくしていただいて、温泉にも誘ってもらえるんですが

温泉に行くのも気疲れするから嫌なんだそうです。

TVも面白くない、何を食べても美味しくない(^^;

話全てが日常の嫌な事ばかりで、聞いてるとグッタリ。

それでも会って話をするのは1年に数日なので

黙って聞いてましたし、励ましたりしましたが・・・。


高齢になると、なかなか前向きな気持ちになるのは

難しいと思うんですが、何もかもが嫌な事だらけにしなくても

ほんの少しの事でも「楽しみ」な事があったり

それを「楽しみなの」と言えたりするといいのになぁって思います。

あっ、でもね

DSCF7394.jpg

お隣のニャンコちゃんが遊びに来てくれたり

スリスリしてくれたりするのは凄く嬉しいみたいだし

癒しになってるみたいですよ。

私達がいた時は、外でチラッとしか会えなかったけど。

「ニャンコ!母を頼んだぞ!!」と言いながら写真をパチリ(^^)


短い帰省でしたが、とりあえず元気な姿を見る事ができて

私もホッとしました。









見に来て下さってありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 実家

tb: --   cm: 6

3週間ぶりの母との電話  



今朝、3週間ぶりに母に電話しました。

ずっと心に引っ掛かってて・・・。

このままじゃいけない、そう思いながらも

ずっと連絡できずにいました。


3週間ぶりの母は、元気な声で話をしてくれて・・・

お互いもう前の電話の事にはふれず

以前のように話ができました。

元気そうにしててくれて、その声を聞いてたら

涙が出そうになって、心からホッとしました。

DSCF6850.jpg

母に連絡できなかった間、嫌な夢を2度見ました。

どちらも、もう2度と会いたくない人達が出てきました。

夢の中で必死に抵抗して、そしてやり返していました。

昔はやられっぱなしの暴力も、今の私だったら

絶対にやり返してやる!という気持ちが夢にあらわれたのか

物で殴ったり、爪をたてたりと、必死にやり返してて

目が覚めたらすごく疲れてました。


いつか嫌な記憶が消えて、アイツらの夢など見ない日がきますように・・・。








見に来て下さってありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

category: 実家

tb: --   cm: 0

自分の気持ちに無理して蓋をしない・・・  



穏やかな土曜の午後を過ごしています。

DSCF6634.jpg

ここに居れば私は幸せで、心が穏やかでいられるんです。


夫と結婚してはじめて家庭が安心できる場所だとわかりました。

子供ができて、家族団欒の幸せを知りました。

家の中に躊躇なく入れたり、家の中で笑える

家の中で息を潜めていなくても大丈夫。

自分の気持ちのまま、笑ったり泣いたり怒ったり・・・

自分がちゃんと自分でいられる。


実家の事で苦しむ度に、色々な方から

「今の自分の生活を一番大切にしたら良い」と・・・

「自分の気持ちに正直に生きれば良いのです」と・・・

言われて、その度に「そうだ、そうだ、もう無理はしない」って

思ってきたのに、やっぱり自分の気持ちに思い切り蓋をして

無理をしてしまってました。

幼い頃から自分の気持ちを出す事ができなかったから

自分の気持ちに蓋をする癖がついてるのかな?

DSCF6657.jpg

みんな好き勝手に私の事を傷つけてきた。

私があの時「暴力は嫌」だと言えば、どうにかなった?

「暴力が怖い」「家に入るのさえも怖い」そう誰かに相談したら

誰かが私を守ってくれたの?

「もう昔の事」・・・・そう、昔の事。

「どうして今頃」・・・忘れられない事なんだよね、私にとったら。

「その時言ってくれれば」・・・守ってくれた?

多分もっと酷い暴力が私を待ってたと思うよ。

それでも私は勇気を出して言わなければいけなかった?

その更なる暴力の餌食になる私を何としてでも守ってくれた?

母が悪いわけじゃない。

そして叫びだしたいぐらいの恐怖を「怖い」「辛い」「苦しい」と

言えなかった私が悪いわけでもでない。

私が責められるような事じゃない。


今まで自分の気持ちに蓋をして無理して頑張って帰省して

一度はアイツの事も許して、これからは一緒に母の事をサポートできれば・・・と

思った私を褒めてあげたいよ。

「よく頑張ったよ、本当に今までよく頑張った」


もう私は今度こそ自分の幸せを一番大切にしようと思います。







見に来てくださってありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

category: 実家

tb: --   cm: 2

私は天使のような心の持ち主にはなれませんから・・・  



実家には帰省しない事にしました。

なんとかアイツと会わないように時間をずらしてでも

行ける時に母に会いに行かねば・・・と思っていたのに

母に「いつまでもこだわり続けてるあんたが考えを変えないと・・・」と

言われ、今までの気持ちがプツンとキレました。


冗談じゃない・・・。

ずっと暴力と支配に怯えてきた日々をどうやって忘れられるの?

それでも一度はなんとかその気持ちを抑えようとした。

でも、それはまたアイツの支配的な暴言で全て終わったのよ。

アイツは何も変わらない。

そんなアイツは悪くなくて、私が悪いの??


もう母に対する思いやりの気持ちもすべて消えてしまいました。

「どうして年寄りを悲しませるの」とメソメソ泣いていましたが

苛立ちの黒い感情しかありませんでした。

DSCF6659.jpg

私は天使じゃないの。

あなたの望むような親孝行な娘を精一杯頑張ってきたけど

もう無理。

私はもう私を我慢したくない。

帰省などするものか。









見に来てくださってありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

category: 実家

tb: --   cm: 8

どうしよう・・・  



今週末、1泊で実家に行く予定だった。

本当はウー君が心配だし、できれば行きたくない。

母には申し訳ないけど、それが正直な気持ち。

それでもやっぱり母の事も知らん顔はできない。

母もひとりで一生懸命頑張ってるんだもの。

DSCF6614.jpg

まだウー君が歩いたり元気でいてくれるうちに

一度行っておこうと思った。

老いのスピードが早くなっているウー君が、この後どうなるか

もしかしたら、しばらくは母の所には行けないかもしれない・・・

そう思って今回の帰省を計画したのに

どうもその日は兄が来るかもしれないとの事。

アイツに会うのはどうしても嫌。

「アイツに会うのは嫌」と言うのは母を苦しめる事だと

わかっているけど、どうしてもどうしても嫌。

さて、どうしようか・・・

ウー君が安定している今のうちに実家に帰ろうと

色々な調整をしてきたのに・・・

母に先週聞いた時には「来る予定ない」って言ってたのに・・・。

だから、夫にも子供達にも都合を合わせてもらったのに・・・。

どうしよう

どうしよう








見に来てくださってありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

category: 実家

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

counter